• 工事における工程管理のIT化を図ることで、工事関係者が共有できます。
  • 工事の進捗状況を的確に把握でき、お客様にタイムリーに報告することが可能です。
  • 資材状況(入荷、未入荷の数量等)のリスト化により、工事工程の調整が容易になりローコストを実現します。
  • 全体工事工程と日々の工事の進捗状況をグラフ化することにより、より解り易く確認することが可能です。